生活保護でもキャッシングができる?

生活保護受給者がキャッシングをしてはいけないという法律はないので、少ない保護費の中から借金の返済にあてることができるならキャッシングを利用してもかまわないように思えますが、実際にはかなり難しいようです。
その理由の1つが、キャッシングの審査です。銀行、信販会社、消費者金融のいずれも、生活保護費を収入と認めていません。つまりは無収入という扱いになるわけですが、信販会社と消費者金融では総量規制がかかるために無収入の人では絶対に借りられません。
生活保護を受けている人でも働いて収入のある人はいますが、生活保護を受けなければならないほどの低収入では、やはり審査に通ることは難しいでしょう。
また、借金がある人が生活保護を受給する場合、ケースワーカーから自己破産を勧められるケースが多いようです。生活保護受給者は基本的にはケースワーカーの指導には従わないといけないので、その意味でもキャッシングを利用することは難しいようです。そして、キャッシングを利用して得た収入は所得という扱いになるので申告しなければならず、収入分は保護費から引かれることになるので、メリットはゼロであるといえます。